ビフォア・サンライズ(1995年・米)

Pocket

M

列車の中で居合わせたアメリカ人学生ジェシーとフランス人学生のセリーヌ。会話を続けていくうちに意気投合し、ジェシーが翌日に帰国するまでの短い間、二人でウィーンの街を歩き回ることとなった。

全編がほぼジェシーとセリーヌ、二人の会話だけで成り立っていて、つまらないと思う人には本当につまらないかもしれない。だがこの二人の会話はとても奥が深く、哲学的で見ているものを引き込んでくれる。ラストもあっけなく終わるのだが物足りなさは残らない。

旅をして素敵な人に出会って、1日共にするなんて誰もがあこがれることでは?素敵な作品です。

SCORE ⇒ 85点

Leona

主です。詳しくはこちらへ→http://reonatakenaka.com/?page_id=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です