twitterでサトミキを叩いたサポーターは”J”の価値を下げていることを自覚してほしい

Pocket

今週の土曜日、twitterのTLを眺めていたらこんな謝罪ツイートが流れてきた。気になったので何が起こったのかフォロワーさんに訪ねてみたところ、どうも…

佐藤さんが応援マネージャーとして埼スタに行き、浦和レッズのユニフォームを着た画像とともにホームのレッズが勝った喜びを表すツイートを投下
→対戦相手のサポーターが”特定チームのユニフォーム着る”ことに対してや”特定チームの勝利を喜ぶ”ということに対するクレームをリプライで佐藤さんへ
→謝罪

こういうことらしい。自分で直接該当ツイートを目にした訳ではないので、情報を与えてくれた何人かの方の意見を信じて書くとするがが、率直に言って残念だ。怒りの矛先を向けるところとしては間違っているし、Jリーグの地位を貶めるものであり、価値を下げる行為だとしか思わない。そして、自らの首を絞めている。

では価値を下げるってどういうことだよ、と自分で思ったのでそこをはっきりしておくと、”ものの価値=どれだけの人間が対象物を好むか”というところ。今回の一件により、佐藤美希さんのファンの中には、今回彼女に嫌な思いをさせたこのサポーターが応援するチーム・そしてそのチームが所属するJリーグというものに嫌悪感に持った人もいるだろう。何よりも彼女自身がそう思ったかもしれない。それは本人のみぞしるところであるが、決していい気分ではなかったことは間違いない。そう考えると、微々たるものではあるかもしれないが、今回の件がJリーグの価値を下げる要因となったと言える。

自分はJリーグ女子マネージャーの詳しい役割や目的を熟知しているわけではない。けれど、各現場に赴いてピッチ上での闘いはもちろんピッチ外にも溢れる魅力を多くの人に伝え、1人でも多くJリーグに興味を持つ人を増やし、Jリーグの人気を高めたい。そういう目的をもって奔走してくれているということは、足立梨花さんのときからの活動を見れば、想像するのは容易だ。そういう方がいることをJリーグに関わるメディアやファン、サポーターはもっと誇りに思わなければいけないし、”共に盛り上げる”という意識は絶対に持たなければいけないと思う。特に彼女の存在はJリーグが獲得に動くべきライトなファン層に向けて大きな力になることは間違いない。

というのも、彼女はもともと特段サッカーが好きだった訳ではなかったようだから。

佐藤美希“2代目”Jリーグ女子マネに就任 キングカズ知らず「勉強します…」

こういった”Jについて何も知らないに等しい”女性を1人、Jリーグの世界に引き込めたこと自体にすでに価値がある。そして彼女はtwitterで25000人ほどのフォロワーを抱えているが、言うまでもなくその全てがJリーグ各クラブのサポーターやサッカーファンではないだろう。もしかしたらそちらは少数派かもしれない。単純に”佐藤美希”というアイドルのファンである男女が彼女をフォローしていると思うし、彼女が精力的に活動するJリーグの世界に、ファンの方たちが興味を持つ可能性は大いにある。”好きな人のものは好き”理論は言い古されているものでもあるが真理でもあるので、彼女を見たいがためにスタジアムに足を運ぶ人もいるだろう。そういった人が初めて見た”Jリーグの風景”に心を動かされ、サポーターとなる可能性だってある。サポーターになるとまでは言わずとも、再び足を運ぶきっかけとなる可能性もある。つまり、彼女がこうしてJリーグの普及活動を行ってくれていることは非常に感謝すべきことでもある。

そして今回、彼女はその活動の一環として試合へ趣き、そのスタジアムをホームに持つクラブの魅力を発信していった。実際にこの前の週には等々力に来ていて、フロンターレのユニフォームを着ていたのを自分も見た。彼女のブログを見ても”Jリーグ女子マネージャー”というカテゴリが用意されており、川崎の前には磐田にも行ったようで、そのレポートが記されていた。1つのクラブの集中的に応援している訳ではないことは明らか。というか、ここまでしなくてもいちJリーグのクラブのサポーターであれば幅広くクラブやリーグの魅力をPRをしようとしていることは知っているだろうけど。そして今後、この”クレームをぶつけた対戦相手のサポーター”の応援するクラブにも今後、赴くことがあったことだろう。自分の愛するクラブの魅力を広く発信してくれるであろう人物に対して、瞬間的に湧き上がった苛立ちをぶつけるのは、決して賢い選択ではない。

もちろん、彼女の発言が軽率だった部分もあったかもしれない。冒頭に紹介したツイートで本人も”配慮に欠けた”とも言っている。ただ、それを差し引いても彼女はいわば”Jリーグ初心者”なのである。これからより多くサッカーの魅力を自ら感じ取っていく段階であり、Jリーグを好きになっていく道の途中を歩いている段階。だからこそ、Jリーグを愛し、1つのチームを熱狂的に応援しているサポーターには”優しさを見せる”ではないけれど、その部分を配慮して欲しかった。

今回の件によって、彼女は今後も”Jリーグ女子マネージャー”という役割を担っていくことに対して後ろめたさを感じたかもしれないし、Jリーグを少し嫌いになったかもしれない。ただ、これから先にこの活動を続けていく中で今回の件を忘れさせるような魅力的な出来事を経験できることは間違いないと思うので、それを信じて活動を続けてほしいと、強く思う。

最後に…このサポーターの行為は応援するクラブの評判を下げるということへ直結しているということも記しておきたい。大きなサポーター集団を形成する1人にすぎないと思っている人は多いかもしれないいが、その1人1人が1つのクラブの看板を背負っていると言っても過言ではない。例えば今回、そういった行為を移したのは1人かもしれないが、周囲からすれば”◯◯のサポーター”としてひとくくりにされてしまうのだから。自ら応援するクラブの評判を自らの行為で下げてしまうのは、悲しいことでもある。

これを改めて言うのもどうかと思うが、今一度、全てのクラブのサポーターに自覚して欲しいことでもある。

もっと日本のサッカーを、Jリーグの価値を高めるために、1人1人が危機感と誇りと責任感を自覚し、自らがとる行動を選択して欲しい。

では、今日はこんなところです。

Leona

主です。詳しくはこちらへ→http://reonatakenaka.com/?page_id=2

7 thoughts on “twitterでサトミキを叩いたサポーターは”J”の価値を下げていることを自覚してほしい

  • 2015年4月22日 at 00:18
    Permalink

    Jリーグの観客が増えない理由はまさに今回のようなことが一因だと常々思ってます

    サッカー嫌いで全く興味のなかった私がスタジアムに通うようになって12年
    最初は試合とは関係なくドキドキでした

    スタジアムに全く行ったこともない人が足を踏み入れるのには結構勇気があります
    そこには暗黙のルールが色々とありすぎるから

    初めての人がコアのゾーンに顔を覗かせればここは君の来る場所ではないとか、座っていれば怒られるとか、初心者には分からないルールを古参サポが振りかざすから…
    とても悲しいことだと思います

    Reply
    • 2015年4月24日 at 22:25
      Permalink

      コメントありがとうございます。
      今回のような出来事で”Jリーグのサポーター”に対してのマイナスのイメージしか現れないと思うんですよね。なので、少しでも観客が減る可能性の発言や行為はしっかりと考えて発言してほしいものです。

      あつさんがサッカー嫌いでここまでスタジアムへ通うようになったというのが驚きです!嬉しくも思います。

      そこはなかなか難しい議題ですよね。コアゾーンでも受け入れるところもあるみたいですが、コアゾーンの人からすれば全員で一体となって応援したいという思いもあるので、1人でも共に行動ができない人がいると困る部分があるんでしょうね。何度かスタジアムにかよって、自分が最も楽しめる場所を探すのが良いかなと。そこまで足を運ばせるのもなかなか難しいのですが…

      Reply
  • 2015年4月22日 at 13:29
    Permalink

    エルゴラで記事書いている人が
    「自分はJリーグ女子マネージャーの詳しい役割や目的を熟知しているわけではない。」
    とか平気で書いてしまうことがエルゴラの価値を下げていることを自覚して欲しい。。。

    お仕事ですよね?

    Reply
    • 2015年4月24日 at 22:30
      Permalink

      そうですか?これで自分が担当クラブのサッカーのコンセプトと知らなければそれは媒体の価値を下げることに繋がりますが、ここの知識の有無が影響することはないと思います。自分が与えられた部分での仕事は全うしていますから。
      ここの知識を十分に備えていないとは自分が他のクラブのサッカーを、番記者の方と比べて熟知していないというのと同等だと思いますが。
      Jリーグの全て、100%を知っている訳ではないですし、それは常に勉強中でもありますので。

      Reply
  • Pingback: twitterでサトミキを叩いたサポーターはJリーグの価値を下げていることを自覚してほしい | Think by foot! | おしゃれアンテナ

  • 2015年4月24日 at 20:07
    Permalink

    私は削除されたツイート見ましたが、炎上してませんでした。
    4件くらい指摘のリプライがあり、彼女が律儀に謝罪したって感じでした。
    自分で確かめもせずこんな記事を発信して、自分の価値落としてますね。
    まあ訂正の記事なんてあなたは書かないでしょうね。

    Reply
    • 2015年4月24日 at 22:51
      Permalink

      “炎上”の定義をどこに置くのかは難しい所だと思いますが、今回は炎上したかどうかというところに軸足を置いて話はしていません。

      その指摘のリプライに関しては私もtwitterのフォロワーさんに見せて頂きましたし、目撃した多くの方から状況の説明をして頂きました。その指摘が本当に必要なものだったのか?というところに論点を置いています。そもそもその”指摘”が八つ当たりにしか見えないものでしたので。 わざわざそこを言う必要もないのではと思ったのがそもそものきっかけでこの記事を書きました。
      彼女がJリーグの世界に足を踏み入れて日が浅く、それでも楽しんでいる様子を世の中に発信してくれている中で今回のようなことが起こると、世の中にJリーグのサポーターに対するマイナスイメージしか与えないと思うので。

      価値が落ちる落ちないの考え方は人それぞれだと思いますし、私は今回の出来事はJの価値を下げると思ったので、書いたまでです。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です