それでも恋するバルセロナ(2008年・米&西)

Pocket



親友同士のヴィッキーとクリスティーナであったが、ただ1つ恋愛観だけが異なっていた。その二人は互いに別々の目的でスペインはバルセロナを訪れる。その間2人はヴィッキーの親戚の家に滞在したのだが、あるパーティで画家のフアン・アントニオと出会あう。 正直、この登場人物のの生き方が意味わからなすぎて全く共感できない。そしてヴィッキーの優柔不断さとかやたら周りの美女にモテるアントニオ役のハビエル・バルデムのこの役と演技が生理的に受け付けず、見ていてあまり気持ちよくはありませんでした。まあそれが逆に楽しいと思う人はいのだろうけど・・・。 このマリア役でペネロペ・クルスがアカデミー賞をとったと思うと?マークも正直浮かびます。ゴシカのときのクロエ役のほうが全然登場時間が短い(ほぼ脇役くらい)のに数十倍いい味だしてる。という感じで賞をとるほどの存在感や演技力を感じなかった。女の子の意見も聞きたい。 SOCRE⇒45点

Leona

主です。詳しくはこちらへ→http://reonatakenaka.com/?page_id=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です