【当たらない】2017年 のJ1順位を予想する

Pocket

今日は開幕だ。大宮に向かっている。
ただ、毎年やっている何かをやっていない気がして、考えてみたのだが…

「順位予想だ」

と気づいた。今年、エルゴラを辞めたので毎年恒例の開幕前番記者順位予想をやらなかったのである。
ただ、予想はしてみたいので勝手にブログに書いてみることにした。

 

鹿島の優勝は固い。

 

1位 鹿島アントラーズ
⇒鉄板。パフォーム参入により今年獲得できる賞金の大きさは昨年の4倍くらいになった。そこを考えると今年は借金をしてでも補強にお金をかけて戦力を上げるべきシーズンだと思っていて、一番”ガチ"な補強をしていたのは鹿島。石井さんの顔つきも違うし、鈴木優磨にとにかく期待している。

 

2位 サンフレッチェ広島
⇒どうも新外国人がすごいらしい。中野さんがあれだけ推すのだから相当なのだろう。ACLもないし、これは大きい。注目選手は7番を背負った茶島雄介。完全に個人的な思いあり。

 

3位  浦和レッズ

⇒クラブの規模を考えてもそろそろ優勝して欲しい。が、ACLがあるのと鹿島みたいな大型の補強は無かったので…。スーパーすぎる大学時代を見ていたため長澤和輝が爆発してほしい思いがあるし、彼がハマれば優勝もある。

 

4位 ヴィッセル神戸
いい補強をした。寝るシーニョ じゃないネルシーニョ体制3年目ということで戦い方も浸透しているし、仮に噂のポドルスキが入れば爆速かましそう。キム・スンギュ残留も大きい。大森晃太郎はネルシーニョサッカーに合いそう。

 

5位 川崎フロンターレ
⇒補強は成功したが、正直最前線のストライカーが足りないのと、ACLでも見せてしまったが軽い失点はそう簡単には減りそうにない。が、奈良竜樹も復帰したしエドゥアルドが戻ってこれば変わるか。点を取るのは誰だ?というところ。小林悠にかかる負担が大きいがそれでも結果を出してくれることに期待。

 

6位 横浜Fマリノス
⇒周りから言われているほど悪くはないと思う。昨年の後半戦と天皇杯で活躍したメンバーは残ったし、何よりも齋藤学残留が大きい。あとは外国人もすごい選手みたいだ。彼ら次第ってのもあるかもだが、ACLに行けそうでいけないくらいと予想。言うまでもなく推しメンは天野純。魅せてやれ。

 

7位 FC東京
⇒スタメン11人の顔ぶれ、ベンチを見ると優勝しなければいけないだろうと思うほど。だが、ここぞの勝負強さは感じないのでこの順位。ポイントはボランチか。大久保嘉人には「どこでも点を取れる」ということを証明して欲しい。

 

8位 セレッソ大阪
⇒久々にJ1でキンチョウに行けると思うと高まる。清武弘嗣と山口蛍という現役日本代表が2人いるという時点でそれはもう強い。清武選手に関してはバリバリ代表で中心選手をやっているし、移籍金7億の価値はあると思し、それを証明して欲しいものだ。あとは点取り屋に専念し出場機会をつかめれば杉本健勇は絶対に結果を残せる。代表復帰に期待。

 

9位 サガン鳥栖
⇒ここも補強に成功している。フィッカデンティの守備戦術は時間を重ねるごとに良くなっていくものなので大きな破綻はなさそう。小野裕二&権田修一がチームにプラスアルファを与えてくれるだろう。鎌田大地、豊田陽平、小野裕二とそろうとなかなか怖い。けど、富山貴光推し。

 

10位 ガンバ大阪
⇒もっと上にしようと思ったのだけど上から考えていって気づいたらこの順位に…。長谷川健太監督のサッカーにおいて阿部浩之&大森晃太郎の存在は大きかったと思うので、この穴がどうなるか。井出遥也と泉澤仁の若いアタッカー2人の覚醒に期待したいところ。吹田スタジアムをかつての万博のような”圧倒的ホーム感"にできるかどうか。実はそこが一番のポイントでは。

 

11位 大宮アルディージャ

⇒開幕の予想スタメンを見る限りけっこう新戦力が多い。泉澤仁&家長昭博の穴は埋められそうな気もするが、少し時間がかかりそう。昨年の順位を越えるのは簡単ではないのでは。地元、横浜市青葉区の星である大前元紀がどれだけ数字を残せるか。

 

12位 柏レイソル
⇒外国人は反則級だが、安定して戦えるイメージが沸かない。でも、反則級。ここは本当に読めない。CBが手薄な印象。中山雄太がU-20W杯で抜けたときにどうなるか。大学時代に見て「永井謙佑と比べるとスピードは劣るが、技術は永井よりある」というイメージで印象付いていた伊東純也には外国人勢に負けないくらいの活躍を。

 

13位 ジュビロ磐田

中村俊輔加入で話題をさらっているが、ジェイの抜けた穴は大きいのではないだろうか?思ったほど良い順位にはいけないような気がしている。期待する選手は櫻内渚。
 

14位 ベガルタ仙台
⇒増嶋竜也と平山相太が共にプレーするのはアツいものがあるが、彼らが活躍しなければ厳しいような気もする。昨季松本で躍進したシュミット・ダニエルにとっては見せ場が増えそうだが、どうなるか。期待していたのはもちろん中野嘉大だが、負傷したという。仙台にはあまりいない1人で前線へ運んでいけるタイプだったので、チームとしても痛いのでは。

 

15位 ヴァンフォーレ甲府
⇒ドゥドゥとウイルソンがトップコンディションに持っていければ上に行けるかもしれない。また、かつての大宮ではないけど”J1への残り方”を知っているチームになった。吉田達磨新監督としてもこれまで指揮した2チームにおける苦い思い出を断ち切るチャンスでは。復帰した堀米勇輝には昨季以上の活躍を。

 

16位 清水エスパルス
⇒大前元紀流出が痛いのは間違いない。補強の面でいうと野津田岳人は大きいと思うが、どうなるか。六平光成がサイドバックをやるらしいが、個人的には前で見たい。もう彼もあ5年目とかになるが、難しいかもだけど日の丸にもう一度近づくようなプレーをしてもらいたい。

 

17位 アルビレックス新潟
⇒新監督であり、中心選手が抜かれる。外国人次第かなと。それにしても厳しいものがある気がするし、昨季は普通だったら落ちていた勝ち点。注目は市船から入った原輝樹。出場機会を掴めそうなので、残る落ちるにしても彼にとってはいい1年になるのでは。

 

18位 コンサドーレ札幌
⇒爆発的な補強も無かったのと、J2を独走したわけではない去年を見ても厳しいのでは、と予想。あとはどうしても札幌は移動によるディスアドバンテージが他のクラブより大きい。福森晃斗のセットプレーと大学の先輩の旦那さんである都倉賢に注目。等々力でバロテッリはもう勘弁してほしい。

 

こんな感じです。ほぼ間違いなく当たらないので「何言ってんだコイツ」くらいの目で見てやってください。
さあ、アツく楽しい1年が始まる。楽しみだ。

 




 

Leona

主です。詳しくはこちらへ→http://reonatakenaka.com/?page_id=2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です